March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

le blog LAFONT

先日お伝えいたしました LAFONT blogに


ishinoseki tokeiten となっておりますが


「 イチノセキ 」 がリンクされております。











載っている写真や動画がもう、オシャレ、すばらしいブログです

是非一度ご覧下さい ↓

le blog LAFONT

 http://blog.lafont.com/


lafont 30th

先日、ご紹介したlafont の追加 サングラスです






それぞれのデザイン、カラーに

テーマ・ストーリーがあり それがフレーム名にもなっている

「 lafont 」

こちらのサングラスは [deluxe]

サイドの模様にあわせた細かいステンドがとても美しいです



イチノセキでは「ラフォン」のブランド・ストーリー・コレクションテーマを大切にし

お客様にとってすばらしいラフォンとの出会いが出来るように

カウンセリング、度数測定、ファッションとのご提案をさせて頂いております

どうぞお気軽に イチノセキ桜店までお越し下さい。





2010 lafont   30th 「トラタン ア パリ」 コレクション

昨年オーダーしました lafontの新作 一部が入荷してきております


今回のモデルは「lafont」がフランスから世界にコレクションを発信して30年ということで

原点回帰を意思したモデルが多いのですが

過去、現在 未来へ lafont のこだわりやすばらしさを

再認識させられるモデル達ばかりです!!





 


フランス人のエスプリが息づくパリの老舗「ラフォン」

 

ラフォンの歴史は、創業者ルイ・ラフォンがパリのマドレーヌ界隈に眼鏡店ラフォンブティックを創業させた1923年まで遡ります。後に3代目となる若きフィリップ・ラフォンとその妻ロランスが、2代目ジャン・ラフォン時代に初めてオリジナルコレクションを発表。パリの“アール・ドゥ・ヴィーヴル”(フランス人の哲学や美学に基づく心地よい生活スタイル)に根差したラフォン独自のテイストが誕生しました。テキスタイルデザイナーだったロランスの豊かな才能が生み出す、パリ・テイストの洗練されたデザインや配色のセンスは、世界中から高い評価を集めました。昨年ロランスが他界し、彼女の傍でアシスタントを務めていた息子のトーマが4代目に就任。チーフ・デザイナーとしてラフォンのDNAを受け継ぎ変わらぬ世界観のコレクションを展開しています。







初回分はラフォン 定番カラーともいえる パープルが多いのですが ↓ ↓

 














このようなすばらしい「lafont 」では

ブログもスタートしております!(フランス語)


http://blog.lafont.com/





イチノセキでは「ラフォン」のブランド・ストーリー・コレクションテーマを大切にし

お客様にとってすばらしいラフォンとの出会いが出来るように

カウンセリング、度数測定、ファッションとのご提案をさせて頂いております

どうぞお気軽に イチノセキ桜店までお越し下さい。


〒010−0042
秋田市桜2丁目15−34
イチノセキ 桜店
筍娃隠検檻牽械魁檻坑娃械






lafont /borgia

今年初の 「lafont」 ですが、 

「borgia」 レッドがついに到着しました! 




フロントからテンプルにかけての抜きのデザインがポイントなのですが

フレームカラーとデザインの相性が抜群!!!




このバランスの良さ+存在感が

lafont の魅力ですね







本日で「初売り」期間終了なのですが

本当に沢山の皆様にお越し頂きありがとうございました。


明日からは 「クリアランスセール」 になります

お買い得商品もいろいろございますので

お気軽に「イチノセキ」までお越し下さいませ


lafont ラフォン



lafontといえば
やはりこのカラーリングセンスの素晴らしさ!
このフレームからもなんとなくパリの雰囲気を感じられますよね



テンプルにも花柄

issy&la はラフォンの中でもpopなモデルが多く

個人的にも大好きなシリーズです


そして



issy &la より少し大きくなったデザイン




落ち着いたデザインとカラーリング




lafont 販売を始めて30周年という事で

メモリアル的な新モデルは先日オーダーしております。

来年入荷予定です お楽しみに!!!





lafont reedition

lafont

reedition 


今回のreeditionはホントすばらしくて!
復刻のデザインと新しいラフォン生地の組み合わせ 





レトロスタイルですが生地が変わるだけで新鮮さもあります







今月号のmen's exでもlafont reedition取り上げられております
機会がありましたらチェックしてみてください

lafont issy&la 2009


lafont  issy &la の新作が入荷してきました!






フロント サイドに 飾りがついて 
テンプル内側にはラメが入ってます
ラフォンの色の綺麗さとかわいさが上手くまとまった一本です









サイドに花柄の入ったデザインなのですが

数種類の柄を組みあわせたテンプル

やはり色使いのせいでしょうか

バランスがよくて上品な雰囲気をか感じるんですよね〜

29400円



lafont


lafont 新作が少しずつ入荷してきております






camille

前回も紹介しましたカミール
今回はブラック×中は柄のデザインです。

前日もこのヴォリュームに
お客様が一目ぼれしてしまいました。











re edition 復刻モデルですが
やはり定番、長く使えそうでいてデザインに無駄がないです。

「lafont」新作は イチノセキ桜店まで!





pop も lafont らしさが 溢れてますね!

 

lafont /claire

lafont の新作 claire 落ち着いたデザインとカラーリングのclaire
サイドの柄は、日本の竜安寺の石庭の砂模様をモチーフに作られております







大きすぎず、小さすぎず
遠近両用も可能なちょうど良いサイズです。

 






claire
 

秋田市 lafont はイチノセキ まで どうぞお越しくださいませ。

lafont re edition/藤田 嗣治 丸メガネ

lafont といえば reeditionという復刻シリーズもあるのですが
今回のモデルはサイズ・カラーのバランスがすごくよくて






 
constance

上のような攻めてる配色と
クラシックな下のような配色を出してくる
「lafont」 そこがまた魅力なんです。



そして lafont /re editionでは

秋田に縁のある「 藤田嗣治」の復刻モデルもあったりします。




秋田では千秋公園  平野政吉美術館の

「秋田の行事」でお馴染みです



alibaba

↑の写真 藤田さん 、丸メガネ似合いますね〜!





藤田 嗣治(ふじた つぐはる、Leonard FoujitaまたはFujita, 男性,
 1886年11月27日1968年1月29日)は東京都出身の画家彫刻家。現在においても、フランスにおいて最も有名な日本人画家である。を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた。エコール・ド・パリ(パリ派)の代表的な画家である。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より転写いたしました。



こちらはlafontの展示会での藤田さんpopです
オシャレですね〜!!

<<back|<5678910111213>|next>>
pagetop