<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
リキワタナベ ウォッチ

渡辺 力

1950年以降、家具やプロダクトで日本のモダン・デザインを代表する作品を発表
戦後日本のデザイン運動を牽引してきたデザイナーの一人

デザインという言葉が日本社会にいまだ十分に定着していなかった戦後間もない頃
いちはやく確固たる自覚と主張をもって登場しました。

 1930年代、今日一般にバウハウスやル・コルビュジエに典型的な思想と作品が見出されるとされるモダン・デザインに触れた渡辺は、機能に裏打ちされ、かつ日本の生活に立脚したかたちを追求してきました。床座を旨とする日本の住生活に、西洋の生活様式の構成要素であるイスを見事に融合させ、近代日本の生活スタイルを明快に表現した初期の《ヒモイス》(1952年)や、伝統的な素材である籐をデザインのプロセスで捉えなおした《トリイ・スツール》(1956年)は、日本のモダン・デザインを体現するものとして国内外で高く評価されています。

その後も長きにわたり、住宅建築や企業のビル、大規模なホテルで総合的なインテリア・デザインを数多く手がけ、室内空間から発想し、生活を取り巻くものが生き生きと存在する場を時代のなかで生み出すというデザインの姿勢を貫いてきました。





渡辺力 ウォッチ


 


シンプルで 見やすさ、使いやすさ、高級感ある質感

とてもバランスのよい 腕時計です。




イチノセキ桜店 では「リキクロック」も取り扱いしております。

渡辺力 時計はイチノセキまでお気軽にどうぞ。


COMMENT









TRACKBACK URL
http://ichinoseki.jugem.jp/trackback/751
TRACKBACK